スポンサーサイト

  • 2017.05.24 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    レタッチャーの仕事

    • 2015.11.20 Friday
    • 16:29

    どもー。

    nip356です。

    会社を辞めて子育てに力を入れながら家で仕事をする人生を選んで20日間

    バタバタと日々がすぎて行き仕事もひと段落したところで

    サービスサイトを簡単につくってみました。

    まだサンプルも内容も少ないですがこれから徐々に改良していきます。

    さて

    私はレタッチャーという職業です。

    主に広告写真の修正や加工、合成なんかをphotoshopを使って

    1枚の完成されたビジュアルに仕上げるというのがお仕事です。

    簡単なところでいうと写真についたゴミ消しですよね。

    わかりやすいところでいうと人物のシミ、シワ消しですよね。

    ただレタッチャーの仕事というのはそれだけではなくて

    今ある写真をよりよくするのが仕事ですから

    ほかにも微妙なトーンを調整したり

    色相をかえてみたり

    影を書き込んでみたり

    ハイライトを強くしてみたり

    質感を高めたり

    シズル感をだしてみたり

    なじませてみたり

    そんな細かくて地味な作業の塊で一枚の画が仕上がるわけです。

    例えばこれ。

    10枚以上の画像を切り貼りして作られています。



    もぉこれを作ってから10年近くたってしまいました。笑

    いいかげん新作をつくらないとだめですよねw

    そんなサンプルが何個かあります。

    画像修正レタッチサービス NORDWORKSのwebサイトでも見てみてください。

    そして写真についてなにかお困りの方がいれば是非ご相談を。

    画像修正レタッチサービス NORDWORKSサイトはこちら

    ではでは

    ご報告でした。




     

     

    JUGEMテーマ:写真

    祝!!独立宣言!!!

    • 2015.11.09 Monday
    • 20:50
    どもー。

    nip356です。

    久々すぎてすみません。

    なにをしてたかというと9年間勤めた会社を退職して独立し、

    子育てと仕事の両立をするための準備をしていたという感じです。

    あ、すでに宣言ではないですね。

    おかげさまで現在はフリーランスのレタッチャーとして活動しております。

    レタッチャーってなに?と思う方へ簡単に説明すると、

    写真を修正したり加工したりする事をレタッチと言うんです。
    そしてその写真の修正や加工する専門家が世の中には存在して、その人たちの事をレタッチャー呼びます。

    プロが撮影した写真を主にPhotoshopというソフトを使い、さらによりよく修正したり調整したり絵作りをするというお仕事。

    簡単な所でいうと電線消しや人物のシミシワなどを程よく綺麗にし美しく仕上げるというやつです。

    それがレタッチャーのお仕事です。

    大手の有名広告から、個人の写真まで幅広くやらせていただいております。

    早くwebもつくったりしなきゃいけませんね。

    と、いうことで仕事はこれくらいにして。




    いつものblogにしましょう。

    長く付き合っているFUJIFILM X20君

    こいつでひと月前くらいにとったフード写真をアップしてみます。

    コンビニで買った100円のお菓子と

    頂き物のサルナシというキウイにそっくりな木の実です。

    たまには縦も入れてみましょう。

    今までないスナップとはまた違う写真を。








    PHOTO : FUJIFILM X20



    最近またフルサイズ一眼初代5Dを使い始めました。

    そろそろ最新式の5Dが欲しいなぁと思う今日この頃。

    まだまだやりたいことが盛りだくさんです。




    では


    また。
     
    JUGEMテーマ:写真

    X-T10とX−T1の大きな違い。

    • 2015.06.03 Wednesday
    • 12:37
    どーもー

    nip356です。

    すこし遅れましたがFUJIFILMからまたXシリーズ最新機種が登場ですね。

    その名も「X-T10」

    今回はこのX-T10が買いなのか?しらべてみました。

    ではまずこのカメラX-T10のスペックをX-T1と比較してみましょう。

    ※記事の最後にサンプル写真あります。(X20ですが。笑)

    まずは

    ■有効画素数

    X-T10
    , X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    1,630万画素
    -----------------------------------------------

    ■撮像素子

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) 
    X-Trans CMOS IIセンサー、原色フィルター採用
    総画素数1670万画素

    センサークリーニング
    圧電素子による超音波方式
    -----------------------------------------------


    ■撮影感度(標準出力感度)

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    感度設定
    AUTO(ISO6400まで設定可能)
    ISO200〜6400(1/3ステップ)(標準出力感度)

    拡張感度設定
    ISO100 / 12800 / 25600 / 51200
    -----------------------------------------------

    液晶モニター

    X-T10, X-T1
    -----------------------------------------------
    3.0型 3:2アスペクト チルト式TFTカラー液晶モニター
    T10が約92万ドット
    T1が約104万ドット(視野率約100%)
    -----------------------------------------------

    記録メディア

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    SDメモリーカード
    SDHCメモリーカード
    SDXCメモリーカード(UHS-II対応)
    -----------------------------------------------

    ■連写

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    連写
    約8.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約47コマ)
    約3.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGはカード容量一杯まで)

    * 記録枚数は、使用するカードにより変わります。
    * 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。
    -----------------------------------------------

    動画

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    Full HD 1920×1080 60p/50p(*)/30p/25p(*)/24p(*) 連続最大 約14分まで
    HD 1280×720 60p/50p(*)/30p/25p(*)/24p(*) 連続最大 約27分まで

    ※class 10以上のメモリーカードをご使用ください。

    * ファームウエアVer.3.00以上(X-T1)
    -----------------------------------------------


    ■電源


    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)※付属
    -----------------------------------------------


    ■標準撮影枚数(CIPA準拠)

    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    約350枚(XF35mmF1.4 R 使用時)
    本体のみ(フラッシュ非装着※X-T1)
    充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)

    ※ CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数・時間の変動があ るため、ここに示すバッテリー作動可能枚数・時間を保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数・時間が少なくなります。
    -----------------------------------------------

    記録方式


    X-T10, X-T1どちらも
    -----------------------------------------------
    □静止画
    DCF準拠
    ※「DCF」は社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)の登録商標で規格「
    Design rule for Camera File system」の略称です。

    圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG準拠、DPOF対応
    ※「DPOF(Digital Print Order Format)」は、
    デジタルカメラで撮影した画像の中からプリントしたいコマや
    枚数等の指定情報を記録メディアに記録するためのフォーマットです。

    非圧縮:RAW(RAF独自フォーマット)/RAW+JPEG

    □動画
    ファイル記録形式:MOV
    圧縮方式:H.264準拠
    音声記録方式:リニアPCM ステレオ
    -----------------------------------------------

    ...

    まぁほとんど同じじゃないですか。
    一体何が違うんですか。

    ってずーーとみていくと
    どーやらシャッタースピードには違いがあるようです。

    X-T10の仕様はこちら
    -----------------------------------
    1秒〜1/32000秒(電子シャッター選択時)*
    4秒〜1/4000秒(Pモード時)
    30秒〜1/4000秒(全モード合わせて)
    TIME(30秒〜1/4000秒)
    バルブ(最長60分)
    フラッシュ同調速度:1/180秒以下

    * 動いている被写体については、画像が歪んで撮影される場合があります。フラッシュ撮影はできません。
    -----------------------------------

    つづいてX-T1
    -----------------------------------
    【FUJIFILM X-T1】
    1/4秒〜1/4000秒(Pモード時)、30秒〜1/4000秒(全モードあわせて)
    TIME(30秒〜2秒)、バルブ(最長60分)
    フラッシュ同調速度:1/180秒以下

    【FUJIFILM X-T1 (ファームウエアVer.3.00以降)】
    メカニカルシャッター
    4秒〜1/4000秒(Pモード時)、30秒〜1/4000秒(全モード合わせて)
    バルブ(最長60分)、TIME:30秒〜2秒

    電子シャッター*
    1秒〜1/32000秒(P/A/S/Mモード時)
    バルブ/TIME 1秒固定

    メカニカル+電子シャッター*
    4秒〜1/32000秒(Pモード時)、30秒〜1/32000秒(全モード合わせて)
    バルブ(最長60分)、TIME:30秒〜2秒


    【FUJIFILM X-T1 (ファームウエアVer.4.00以降)】
    メカニカルシャッター
    4秒〜1/4000秒(Pモード時)、30秒〜1/4000秒(全モード合わせて)
    バルブ(最長60分)、TIME:30秒〜1/4000秒

    電子シャッター*
    1秒〜1/32000秒(P/A/S/Mモード時)
    バルブ(1秒固定)、TIME:30秒〜1/32000秒

    メカニカル+電子シャッター*
    4秒〜1/32000秒(Pモード時)、30秒〜1/32000秒(全モード合わせて)
    バルブ(最長60分)、TIME:30秒〜1/32000秒

    * 動いている被写体については、画像が歪んで撮影される場合があります。フラッシュ撮影はできません。
    -----------------------------------

    うむぅ
    つまりX-T1の方がより繊細な設定が可能ってことでしょう。

    その他動作環境というところでも差が

    X-T10が0℃〜40℃にたいして
    X-T1は-10℃〜40℃

    より過酷なシーンでも撮影可能なんですね。

    X-T10はボディを小型軽量化させてよりコンパクトに。
    X-T1は撮影フィールドを拡げる防塵・防滴・耐低温-10℃のタフネス性能。


    ここのボディの作りがおそらく大きな違いでしょう。

    さぁ

    性能はほぼほぼ互角
    使用シーンに合わせて購入検討してみてください。

    実際FUJIFILMのサイトで製品比較ができます。→X-T10,X-T1を比較する


    スナップメインで使うなら小型でコンパクトなX-T10を
    ハードなシーンで使いたいのならタフボディのX-T1を

    あとは見た目で。笑

    ということでX-T1は買いか?
    まとめると

    欲しいと思ったそこのあなたは買いなんです!!笑
    カメラはかわないと撮影できませんからね。
    迷っている時間にシャッターを切れればいい写真がとれるかも。


    現在の「X-T10」の金額をチェック!!!
    -----------------------------------------------
    ★楽天でX-T10の値段をチェック★

    AmazonでX-T10の値段をチェック
    -----------------------------------------------

    現在の「X-T1」の金額をチェック!!!
    -----------------------------------------------
    ★楽天でX-T1の値段をチェック★

    AmazonでX-T1の値段をチェック
    -----------------------------------------------


    こちらもチェック

    ネットでデジタルカメラを買うならカメラのキタムラが安心な理由


    では

    また。

    ※X-T10スペシャルサイトはこちら
    ※X-T1スペシャルサイトはこちら


    っと

    忘れていました。

    本サイトの使用カメラFUJIFILM X20のスナップ写真をどうぞ。
    X-T10つかってみたーい
    けどX20もまけないぞ!!












    では

    また。



    本サイトの使用カメラ:FUJIFILM X20
    FUJIFILM x20は最高のスナップカメラだ



     

    recent comment

    profile

    links

    使用カメラx20をAmazonでチェック

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM